今後の運営体制について

サービス利用者の皆様へ

平成30年8月15日
カナニュウ運営委員会

今後の運営体制について

いつもカナニュウをご利用いただき、ありがとうございます。私たちカナニュウ運営委員会は、少しでも神奈川県の公立高校を受検する中学生のみなさん、そしてその保護者の方々の助けとなれるよう、今日まで受験に役立つさまざまな情報を発信してまいりました。そして、今日、その運営体制の見直しをするに至りましたことをご報告し、その経緯をご説明いたします。

私たちはほんの数年前、神奈川県の公立高校入学者選抜を経験した人間の集まりです。自分たちの受検のときに、「もっとラクに受験生生活を送れたらいいのに」と思ったことがきっかけで、このプロジェクトをスタートさせました。“ラク”というのは、必ずしも怠惰を意味するわけではありません。受験生のみなさんには、しかるべき勉強はして、情報をかき集めるための無駄な手間は極力省いて、時間を有効活用してほしいと思ったのです。

そこで、昨年の2月、Twitterアカウントを作成し、情報の発信を開始しました。6月には、メンバー全員全くの素人ではありましたが、Webサイトをオープンしました。

現在では、TwitterもWebサイトも多くの方々にご利用いただき、本来の目的を達成しつつあると実感しています。

しかし一方で、課題もありました。
まず、運営費の問題です。カナニュウWebサイトでは、Googleアドセンスによる広告を掲載し、その収入を運営費に充ててきました。しかし、多くの方々にご利用いただいている現在でも、昨年度の運営費さえ未だ半分も回収できていません。当委員会が非営利団体であるとはいえ、このままの体制で運営を続ければ、赤字は膨れ上がる一方です。(したがって、一部の方の当委員会に対する「アフィリエイトで楽に稼ごうとしている」というご指摘はいささか不本意です。)

次に、人員不足の問題です。当委員会はほんの数人のメンバーで構成されており、それぞれに本業があります。個人メディアとして運営するにはあまりにも少ない本業以外の時間を、全員がほぼ全てカナニュウの運営にかけることで、なんとか受験メディアとしての体裁を保ってきました。しかし、運営に不可欠な一部のメンバーは人生においての重要な時期を迎えており、カナニュウ運営に割ける人員が圧倒的に不足しているのが現状です。

以上の問題は、現時点では具体的な解決策がなく、今年度中の運営を円滑に行うことは非常に困難です。したがって、利用者の皆さまには迷惑をおかけいたしますが、今年度中の間はカナニュウのサービス品質が低下することはやむを得ないとの結論に至りました。特に来年2月に受験を控えた中3生の皆さまにはご迷惑をお掛けしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

以下が今後の運営方針です。来年度以降の人員についてはメドがたっております。人員数の正常化により、運営の質をさらに高めることで運営費の確保もしたいと考えております。なお、9月以降も引き続きウェブサイトはご利用いただけます。今後ともカナニュウをよろしくお願い申し上げます。

8月:運営体制見直し
2月:平成31年度入学者選抜
4月:新運営体制構築
6月:本格運営開始

以上

本日、73回目の終戦の日を迎えました。先の大戦で犠牲となられた内外の方々に対し、衷心より哀悼の誠を捧げます。