今後の運営体制について

女子高生にみだらな行為や体罰、県立高校教諭4人を懲戒処分-神奈川県

 神奈川県は13日、県内の公立学校の教員5人に対し、不祥事についての懲戒処分を行った。

4人懲戒免職、1人減給

 処分されたのは、県内の公立高校の教諭4人と、横須賀市立中学校の教諭1人。

 そのうち、横須賀三浦地区、相模原市内、厚木市内の県立高校の男性教諭3人は、自校の女子生徒に対してみだらな行為やわいせつな行為をしたとしてそれぞれ懲戒免職処分となった。

 また、海老名市内の県立高校では、59歳の男性教諭が、部活動指導中に複数の女子生徒に対して数十回の体罰を加え、繰り返し不適切な発言をしたとして減給処分となった。

 そのほかにも、横須賀市立中学校の教諭1人が無免許運転で懲戒免職処分となっている。

教育長、給料の一部を自主返納

 相次ぐ不祥事を受けて、神奈川県教育委員会の桐谷次郎教育長は、自らの監督責任を認め、1月分の給料等の10分の1を自主返納する。