今後の運営体制について

県、部活動についての新たな方針を発表 週休2日以上を基準に

神奈川県は9日、「神奈川県の部活動の在り方に関する方針」を新たに策定したと発表した。この方針は、スポーツ庁が3月に策定した「運動部活動の在り方に関する総合的なガイドライン」に則ったもの。 この方針のなかで県は、

  • 部活動インストラクターなどの活用による教師の負担軽減
  • 体罰・ハラスメントの根絶
  • 休養の必要性を認識すること
  • 過度の練習が必ずしも体力・運動能力の向上につながらないことを認識すること
  • 週当たり2日以上の休養日を設けること
などを示している。 また、神奈川県教育委員会は9日、県の方針を受け、週当たり2日以上の休養日の設定などを定めた「神奈川県立学校に係る部活動の方針」を発表した。これにより、県立高校のすべての部活動は週2日以上に相当する休養日を設置することになる。

スポーツ庁の示したガイドラインに則る動きが全国に広がるのではないかと期待される一方で、県教委以外の各市町村教育委員会や学校法人などの県内の学校設置者が、県の「方針」に従って週2日以上の休養日を設定するかどうかは不透明。県立とその他の公立・私立との間で格差が生まれるのではないかと不安視する声もあがっており、今後の展開に注目が集まりそうだ。